鼻毛を安易に脱毛するのは危険!?正しい処理方法とは

鼻毛を安易に脱毛するのは危険!?正しい処理方法とは

美人でオシャレ、それなのに鼻毛が出ていたら、一気に女子としてマイナスイメージがついてしまいます。それくらい、鼻毛の破壊力は強力です。

 

顔の中心の鼻は目立ちやすいので、普段から正しいケアをして鼻毛がビヨ~ンとならないように気を付けたいですね。

 

実は鼻毛も脱毛することが可能ですが、適当に行うと危険やリスクもともないます。そこで、正しいお手入れ方法や脱毛についてまとめました。

 

鼻毛の脱毛が危険な理由

鼻毛処理は危険?

鼻毛がなぜ生えているかご存知ですか?

 

鼻毛は、空気をろ過して空気中の小さなゴミやほこりを体内に入れないために生えています。また、ウイルスや花粉などのフィルター代わりにもなっており、なくてはならないものなのです。

 

鼻毛があると見栄えが悪いと思い、すべての鼻毛をカットしてしまうと感染症などの病気のリスクが高まり、ほこりやゴミが体内に入ることで肺や喉などの負担が増えてしまいます。

 

そして、鼻の粘膜は私たちが思っている以上にナイーブです。
脱毛は肌や粘膜にダメージをあたえやすいため、粘膜の炎症や傷がつきやすいです。鼻の穴を刺激することで鼻毛が増えてしまうこともあるので、鼻のお手入れは正しい方法で行うことが大切です。

 

鼻毛の普段のお手入れ方法

鼻毛のお手入れは、鼻毛をカットしすぎない、抜きすぎないことが大切。鼻毛処理で鼻が痛んだり、血が滲んだらすぐお手入れを中止してください。

 

鼻毛の簡単なお手入れを紹介します。

 

はさみ

鼻毛処理の定番が、はさみを使う方法です。はさみといっても普通のものではなく、鼻毛用が売られているので、必ず専用のものを使うようにしましょう。
鼻毛用のはさみは先端部分に丸みがあり、はさみで鼻の中を刺さないように工夫されています。

 

はさみの使用方法

鼻をよくかんでから、鏡に向かい飛び出している鼻毛をカットします。このとき、はさみの向きは鼻の穴と平行するようにします。毛穴の入り口付近の目立ちやすい鼻毛の根元をざっとカットします。

 

なるべく鼻の奥の鼻毛は切らないようにして、入り口付近を重点的にカットしましょう。

 

毛抜き

毛抜きの鼻毛処理

毛抜きは鼻毛の根元から抜けるため、鼻毛が見えてしまう心配がなくなるというメリットがあります。しかし無理に抜くことで、粘膜を傷つけ雑菌が入り込んで腫れてしまうことがあります。

 

どうしても毛抜きを使いたい場合は、鼻毛の生えている方向に平行して抜く、目立たない鼻毛はそのままにするという2点を守りましょう。

 

鼻毛カッター

鼻にセットするだけで自動的に鼻毛をカットしてくれるのが、鼻毛カッターです。
女性用の鼻毛カッターは、小さめの女性の鼻の穴にフィットします。見た目も可愛らしくポーチに入れておいても違和感がありません。

 

鼻毛カッターの使い方

使い方はとてもシンプルで、鼻の穴に入れるだけです。先端には刃がついていないので、鼻の中を傷つけることはまずありません。

 

コツは、奥まで深く入れなずに鼻の入り口周辺の鼻毛だけカットすることです。使い終わったら説明書の通りに水洗いし、乾かします。

 

鼻毛脱毛の種類

鼻毛を脱毛するときはどのような方法が用いられるのでしょうか?

 

ワックス脱毛

鼻毛をワックス脱毛

ワックスを塗って剥がすだけというシンプルな「除毛」方法で、最近はブラジリアンワックス脱毛も人気ですね。鼻毛の場合も、ワックスを塗って一気に引き抜くことでムダ毛を一度の処理でなくすことができます。

 

意外にも「思ったより痛くなかった」という声が多いそうです。
しかし、毛抜きのように鼻毛を無理矢理引き抜くため、粘膜にダメージを与えやすいです。鼻の中に傷がある場合や鼻炎のときは、ワックス脱毛での処理を控えましょう。

 

レーザー脱毛

鼻毛をレーザー脱毛

鼻毛を脱毛するプランのあるクリニックは増えつつありますが、まだ多くありません。レーザー脱毛を行うことで、脱毛完了後はもう鼻毛で悩む必要はなくなります。

 

鼻毛の場合も、だいたい6回程度の照射で効果があるといわれています。脱毛料金は、リーズナブルなところは1回当たり3000円程度で施術可能です。

 

脱毛をする場合は、鼻毛脱毛のプランがあるクリニックかどうか調べてから申し込みましょう。
脱毛機械がいろいろ揃っているクリニックや、冷却装置のある脱毛機械があるクリニックがおすすめです。

 

クリニックなら医師の判断で脱毛が行われ、テスト照射もするので脱毛のリスクも少なくてすみます。万が一肌トラブルがおきても、治療してくれるので安全です。

 

脱毛クリームはNG

いろいろな除毛・脱毛方法がありますが、鼻毛処理に一番適していないのが「脱毛クリーム」です。
もともと鼻毛用の脱毛クリームはありません。脱毛クリームは薬剤が強いので除毛効果は高いですが、反面鼻の粘膜へのダメージがとても強いです。

 

まとめ

煩わしい鼻毛とバイバイしたいなら、正しい方法で鼻毛の処理をすることが大切です。特に毛抜きや脱毛クリームはリスクの高いお手入れといっても過言ではありません。

 

鼻毛を処理したいなら、信用のおけるクリニックで脱毛してしまうか、自分で処理するなら安全な鼻毛用のはさみを使うようにしましょう。

広告

この記事をシェア

自己処理は大変…

女性のための正しいムダ毛処理知識をまとめました

ムダ毛のセルフ処理方法はいろいろあり、よく使われるのが「カミソリやシェーバー」「除毛クリームや脱色クリーム」「ムダ毛専用パッド」などです。どれもお手軽でコストがあまりかからないため、これらの処理方法を行っている人は多いでしょう。しかし、せっかくムダ毛ケアをしても、「理想とするツルすべ肌にならなかった...

≫続きを読む


産毛とは?

正しい産毛処理について。顔や体の産毛の役割とは?

ムダ毛の処理方法はいろいろありますが、現在もっとも有名なのが、エステサロンで受けられる光脱毛と医療機関で受けられるレーザー脱毛です。これらは共通して、特殊な光が黒い部分(メラニン)をキャッチして毛根にダメージを与える方法ですね。剛毛な方でも簡単に脱毛することできます。しかし、産毛となると光脱毛やレー...

≫続きを読む


埋没毛を防ぐムダ毛処理を!

埋没毛(埋もれ毛)の処理方法はあるの?原因と対策を知ろう

皮膚の下でぷくっとふくれて埋まってしまう埋没毛は、黒いゴマのようで見た目も悪いし、手で触れると鳥肌のようにザラザラしてしまうのが嫌ですよね。なぜ埋没毛ができてしまうのか?どうやって埋没毛を処理したらいいのか?とあなたもお悩みなのではないでしょうか。針でほじくってみたり、ピンセット・毛抜きなどを使って...

≫続きを読む


スレッディング脱毛とは

糸脱毛(スレッディング)とは。やり方は簡単って本当?

韓国ではいまやメジャーとなっている糸脱毛について、耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?糸脱毛は「スレッディング」とも呼ばれ、韓国だけでなく、アメリカでも人気を博し、最近日本に上陸した最新の脱毛方法です。糸脱毛で周りの人と差をつけるワンランク上の美肌を手に入れましょう!糸脱毛につい...

≫続きを読む


脱毛後のアフターケアをしっかりと

脱毛後はどうしたらいい?自分で行うアフターケア

脱毛後のお手入れやケアに困ったことはありませんか?脱毛後は肌がダメージを負っているのでしっかりとケアをしてあげたい、でも自己流ケアで肌トラブルを起こしてしまったらどうしよう…と心配になりますよね。しかし、脱毛後に何もせずに放置しておくのは厳禁。脱毛後は、毎日必ずケアをしてあげましょう。ここでは、アフ...

≫続きを読む


脇毛の処理方法は?

気になる脇毛処理の体験談&正しい処理方法とは

みんながどのように脇毛を処理しているのか、気になるもののなかなか聞きにくいものですよね。デリケートな部分でもあるため、聞かれるのを嫌がる人もいます。でも、自分のやり方で合っている?他に何か良い方法があるのでは?と、誰だって脇毛処理については気になります。このページでは、聞きたくても聞けない、みんなの...

≫続きを読む


毛抜き

指は意外に見られている!?指毛の自己処理方法

見られていないようで、意外と見られている指毛。あなたの指にムダ毛は生えていませんか?もし、指毛が生えているのがパッと見でわかる状態なら要注意です。今すぐ正しい方法できちんとお手入れしましょう。手や指先がきれいだと好印象に手や指先は美しいと好印象に、お手入れ不足だとあまり良くない印象になることもありま...

≫続きを読む


うなじ美人

うなじ(襟足)を脱毛して、アップヘア美人に

舞妓さんや芸子さんのうなじ、浴衣を着ている人のうなじ、などなど綺麗なうなじは色っぽくて素敵ですよね。つい真似てみたくなって髪をアップにしたことがあるという人も多いことでしょう。しかし、髪をアップにするだけでは、残念ながら理想とする後ろ姿を実現することはできません。肝心なのは「うなじの形」です。今回は...

≫続きを読む


デリケートゾーンのお手入れの必要性

欧米では常識!デリケートゾーンのケアについて

デリケートゾーンのケアは、欧米ではもはや当たり前のこと。デリケートゾーンは女性にとってもっとも大切な部分であるからこそ、気になるニオイ対策はもちろんのこと、黒ずみや保湿ケアまで行うのが普通となっています。お手入れ専用コスメはフェイス用に匹敵するほどの種類があるとも!女性らしさをアップさせるには、女性...

≫続きを読む


VIOの自己処理法

失敗しない!デリケートゾーンの自己処理方法

手足を処理するのと違って、VIOラインを自分で処理するとなると中々難しいですが、だからといって放っておくのも考えものです。なぜなら、アンダーヘアが手つかずの女性にはゲンナリするという男性も多いためです。また、スパや温泉に行くと、女性同士でもアンダーヘアは気になりませんか?毛が目立ちすぎている人には同...

≫続きを読む


毛包炎

足のムダ毛の自己処理で起きやすいトラブルとは?

「ムダ毛の自己処理を続けていたら足の毛穴が目立ってしまった。」そんなことはありませんか?毛穴が目立つだけならまだマシですが、悪化すると赤いブツブツになって、最終的には黒く色素沈着してしまうことに…。ツルツルで透明感あるキレイな足にしたいためにするムダ毛処理なのに、セルフで行った場合、理想とする足にな...

≫続きを読む


白髪は病気?

突然現れる陰毛の白髪が!!どう対処すればいいの?

ある日突然発見してしまう陰毛の白髪。頭髪の白髪以上に「老けた」とショックを受けてしまう人も少なくありません。外から見える部分ではないものの、あまりの衝撃と恥ずかしさに「今すぐ何とかしたい!」と思ってしまいますよね。でも、むやみやたらと自己流で処理をしてしまうのはNG。肌に大きなダメージを与えてしまい...

≫続きを読む


脇がぶつぶつ

気になる脇の黒ずみ。どうやったら解消できるの?

あなたの脇、黒くなっていませんか?脇が腕の色と明らかに違って黒ずんでいる場合は要注意。早めに対処しなければどんどん黒くなって取り返しがつかないことになります。ここでは、脇が黒ずんでしまう原因と、黒ずみを取る方法についてご紹介します。どうして脇が黒ずんでしまうの?その原因は?脇はもともと黒くありません...

≫続きを読む


 すそわきがの原因

すそわきがかも?セルフチェック方法とにおい対策について

お風呂に入るときやトイレに行ったあとなど、ふとしたときにデリケートゾーンのにおいが気になることはありませんか?実はそのにおい、「すそわきが」が原因かもしれません!すそわきがとは、わきがの一種で、デリケートゾーンからわきが臭のような独特なにおいを感じるのが特徴です。わきがと同様に、男性よりも女性に多い...

≫続きを読む


かゆみ

デリケートゾーンの悩み(かゆみ・におい・黒ずみ)を解決!

体のなかでも意外と悩みの多いデリケートゾーン。実は多くの女性が、デリケートゾーンに何かしらの悩みを抱えています。においやかゆみなどの悩みがあっても、恥ずかしくてなかなか相談できないという人も多いのではないでしょうか?また、婦人科系の病気を疑うような症状があっても、病院に行きにくいという人も多く、悩み...

≫続きを読む


ホルモンバランス

乳輪や乳首に毛が!バストのムダ毛の原因と正しい脱毛方法

女性だったら誰でも気になる、ムダ毛。まさかこんなところにも毛が!と、気がつかない間に乳首や乳輪の周りにまでムダ毛が生えていて驚いたことはありませんか?実は、バストに毛が生えることは珍しいことではありません。特に、乳輪やその周辺の毛に悩んでいる女性は意外と多いのです。皮膚の薄いバスト周辺のムダ毛処理を...

≫続きを読む


鼻毛処理は危険?

鼻毛を安易に脱毛するのは危険!?正しい処理方法とは

美人でオシャレ、それなのに鼻毛が出ていたら、一気に女子としてマイナスイメージがついてしまいます。それくらい、鼻毛の破壊力は強力です。顔の中心の鼻は目立ちやすいので、普段から正しいケアをして鼻毛がビヨ~ンとならないように気を付けたいですね。実は鼻毛も脱毛することが可能ですが、適当に行うと危険やリスクも...

≫続きを読む


口周りの青み

女性なのにひげ化!口周り青くなっていませんか?

毎日毎日剃ったり抜いたりしている口周りの毛、ふと気付いたら青くなっている!!と思ったことありませんか?口周りが青いって、なんだか中年男性みたいで嫌ですよね。でも、ファンデーションやコンシーラで青みが隠れるほどカバーするととても厚化粧に…。口周りの青みをなくすには、青みの原因を知り、正しい方法でケアす...

≫続きを読む


背中のムダ毛大丈夫?

背中のムダ毛、剃り残していませんか?

背中のムダ毛って範囲が広い上に、自分の目で確かめることが難しく、処理するのが大変ですよね。でも、これからは夏本番!背中の大きく開いたワンピースや、露出度の高い水着を着る機会も増える時期。せっかくオシャレをしても、背中にムダ毛が残っていては台無しです。思わぬところで幻滅されないためにも、背中のムダ毛ケ...

≫続きを読む