欧米では常識!デリケートゾーンのケアについて

欧米では常識!デリケートゾーンのケアについて

デリケートゾーンのケアは、欧米ではもはや当たり前のこと。
デリケートゾーンは女性にとってもっとも大切な部分であるからこそ、気になるニオイ対策はもちろんのこと、黒ずみや保湿ケアまで行うのが普通となっています。
お手入れ専用コスメはフェイス用に匹敵するほどの種類があるとも!
女性らしさをアップさせるには、女性特有の部分をきちんとケアすることが大切です。

 

デリケートゾーンのお手入れは今や常識です!

日本では、デリケートゾーンのお手入れはまだ馴染みがないものの、美容に気遣う女性たちの間では、欧米と同様に常識になってきています。

 

ピュービックケア(ピュビケア)とは

「ピュービックケア(ピュビケア)」とは、デリケートゾーンのケアのこと。
欧米では、デリケートゾーンのケアは気になる症状が出てきてから行うものではなく、幼い頃から母親に教えてもらうこととして定着しています。

 

デリケートゾーンをお手入れするとどう変わる?

デリケートゾーンのお手入れの必要性

デリケートゾーンの不調は、ストレスやホルモンバランスの乱れによって起こる場合と、不衛生な環境によって起こる場合があります。
ストレスやホルモンバランスの乱れは、規則正しい生活や適度な運動などを長期間続けなければ緩和させることはできませんが、不衛生な環境はピュビケアを始めるだけで改善させることができます。

 

常にデリケートゾーンを清潔に保つことで、女性特有の悩みである、ニオイやムレ、かゆみは気にならなくなります。
また、美容成分配合のコスメで丁寧に洗浄して保湿をしてあげることで、黒ずみや乾燥も改善することが可能です。

 

さらには、デリケートゾーンに意識が向くことで、些細な変化に気が付くようになり、女性特有の病気を早期に発見することも!

 

このように、女性にとっては嬉しいことばかりのピュビケア。さっそく始めてみましょう。

 

おすすめのお手入れ専用コスメ

セルフケアコスメ

日本でも徐々にピュビケア専用コスメが登場しています。
あなた専用のコスメを選んで、デリケートゾーンの美容にチャレンジしてみましょう。

 

コスメを選ぶポイント

・phバランスを考慮していること
刺激を受けやすいデリケートゾーンのお手入れは「弱酸性」のコスメがおすすめ。
コスメを選ぶときには、可能であればpH値を確認してください。
pHとは、0~14の値の中で、酸とアルカリの度合いを示すものです。
中性である7を境に、7未満を酸性、7より上をアルカリ性とし、0に近いほど酸性が強く、14に近いほどアルカリ性が強いことを表しています。
デリケートゾーンのpH値は4.5~5.5。つまり、弱酸性です。
そのため、コスメもデリケートゾーンの肌に近い弱酸性のものを選んであげると、コスメによる負担も少なくお手入れすることができるのです。

 

・安全な成分である
ピュビケアには、できる限り化学物質を含まないコスメを使いましょう。
それは、デリケートゾーンの経皮吸収率は腕の皮膚と比較すると42倍もあるから。
経皮吸収とは皮膚を通して外部のものを体内に取り込むことで、取り込まれた物質のほとんどは排出されず体内に残ると言われています。
つまり、敏感な部分なのに経皮吸収率が高いデリケートゾーンはとくに注意が必要になります。
有害な物質を含むコスメは絶対にNG。オーガニック製品がおすすめです。

 

・見た目がオシャレ
毎日使いたいピュビケアコスメはデザインにもこだわりたいものです。
コロンのようなボトル、フェイスソープのような形や色であれば、バスルームに置いていてもまったく抵抗がないのでは?
ピュビケアコスメは、中身も見た目も大切。
中身はデリケートゾーンに優しく、見た目はあなたらしくカワイイものを選んでみましょう。

 

おすすめコスメ

おすすめアイテム

気になるポイントに合わせてコスメを選ぶことで、さらにピュビケアの効果をアップさせることができます。ここでは、お悩み別におすすめのピュビケアコスメをご紹介します。

 

・黒ずみが気になる方
皮膚の黒ずみが気になるなら、「レディハート」がおすすめです。
レディハートには、黒ずみを薄くする注目の美白成分ホワイト377を配合。
使い続けることで、肌色をワントーン上げることが可能です。
また、フレグランスにはローズを使用。女性らしい優雅で贅沢な香りに癒されます。

 

・臭いが気になる方
臭い対策には、「デリケートウォッシュ」です。
デリケートウォッシュは、無香料、ローズマリー、ラベンダーの香りがありますが、消臭効果を重視するなら、スッキリと爽やかな香りが特徴のローズマリーがおすすめ。
まるで香水瓶のような形とヴィヴィッドなピンク色のボトルは、置いているだけでも女子力が上がりそう!バスルームのインテリアとしても活躍します。

 

・オーガニック系が気になる方
お肌への優しさを一番に求めるなら「アンティーム フェミニン ウォッシュ」はいかがでしょうか。
これは、自然由来成分95%以上で、石油由来原料や動物由来成分を一切使用してはいけないという、イタリアの厳しいオーガニック認証機関をクリアしている超優秀コスメ。
デリケートな部分に使うものだからこそ安全なものをと考える方にはピッタリです。
心も体にも優しい、毎日使いたくなるコスメを選びましょう。

 

まとめ

今後は日本でもピュビケアは当然のこととなるはずです。
女性にとって、デリケートゾーンは「第2の顔」と呼ばれる部分。だからこそ、フェイスケア同様に毎日きちんとお手入れしたいもの。
いくつかご紹介したように、日本でもオシャレで機能的なピュビケアコスメは増えています。自分にぴったりのアイテムを見つけて、さっそくピュビケアを始めましょう。

広告

この記事をシェア

自己処理は大変…

女性のための正しいムダ毛処理知識をまとめました

ムダ毛のセルフ処理方法はいろいろあり、よく使われるのが「カミソリやシェーバー」「除毛クリームや脱色クリーム」「ムダ毛専用パッド」などです。どれもお手軽でコストがあまりかからないため、これらの処理方法を行っている人は多いでしょう。しかし、せっかくムダ毛ケアをしても、「理想とするツルすべ肌にならなかった...

≫続きを読む


産毛とは?

正しい産毛処理について。顔や体の産毛の役割とは?

ムダ毛の処理方法はいろいろありますが、現在もっとも有名なのが、エステサロンで受けられる光脱毛と医療機関で受けられるレーザー脱毛です。これらは共通して、特殊な光が黒い部分(メラニン)をキャッチして毛根にダメージを与える方法ですね。剛毛な方でも簡単に脱毛することできます。しかし、産毛となると光脱毛やレー...

≫続きを読む


埋没毛を防ぐムダ毛処理を!

埋没毛(埋もれ毛)の処理方法はあるの?原因と対策を知ろう

皮膚の下でぷくっとふくれて埋まってしまう埋没毛は、黒いゴマのようで見た目も悪いし、手で触れると鳥肌のようにザラザラしてしまうのが嫌ですよね。なぜ埋没毛ができてしまうのか?どうやって埋没毛を処理したらいいのか?とあなたもお悩みなのではないでしょうか。針でほじくってみたり、ピンセット・毛抜きなどを使って...

≫続きを読む


スレッディング脱毛とは

糸脱毛(スレッディング)とは。やり方は簡単って本当?

韓国ではいまやメジャーとなっている糸脱毛について、耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?糸脱毛は「スレッディング」とも呼ばれ、韓国だけでなく、アメリカでも人気を博し、最近日本に上陸した最新の脱毛方法です。糸脱毛で周りの人と差をつけるワンランク上の美肌を手に入れましょう!糸脱毛につい...

≫続きを読む


脱毛後のアフターケアをしっかりと

脱毛後はどうしたらいい?自分で行うアフターケア

脱毛後のお手入れやケアに困ったことはありませんか?脱毛後は肌がダメージを負っているのでしっかりとケアをしてあげたい、でも自己流ケアで肌トラブルを起こしてしまったらどうしよう…と心配になりますよね。しかし、脱毛後に何もせずに放置しておくのは厳禁。脱毛後は、毎日必ずケアをしてあげましょう。ここでは、アフ...

≫続きを読む


脇毛の処理方法は?

気になる脇毛処理の体験談&正しい処理方法とは

みんながどのように脇毛を処理しているのか、気になるもののなかなか聞きにくいものですよね。デリケートな部分でもあるため、聞かれるのを嫌がる人もいます。でも、自分のやり方で合っている?他に何か良い方法があるのでは?と、誰だって脇毛処理については気になります。このページでは、聞きたくても聞けない、みんなの...

≫続きを読む


毛抜き

指は意外に見られている!?指毛の自己処理方法

見られていないようで、意外と見られている指毛。あなたの指にムダ毛は生えていませんか?もし、指毛が生えているのがパッと見でわかる状態なら要注意です。今すぐ正しい方法できちんとお手入れしましょう。手や指先がきれいだと好印象に手や指先は美しいと好印象に、お手入れ不足だとあまり良くない印象になることもありま...

≫続きを読む


うなじ美人

うなじ(襟足)を脱毛して、アップヘア美人に

舞妓さんや芸子さんのうなじ、浴衣を着ている人のうなじ、などなど綺麗なうなじは色っぽくて素敵ですよね。つい真似てみたくなって髪をアップにしたことがあるという人も多いことでしょう。しかし、髪をアップにするだけでは、残念ながら理想とする後ろ姿を実現することはできません。肝心なのは「うなじの形」です。今回は...

≫続きを読む


デリケートゾーンのお手入れの必要性

欧米では常識!デリケートゾーンのケアについて

デリケートゾーンのケアは、欧米ではもはや当たり前のこと。デリケートゾーンは女性にとってもっとも大切な部分であるからこそ、気になるニオイ対策はもちろんのこと、黒ずみや保湿ケアまで行うのが普通となっています。お手入れ専用コスメはフェイス用に匹敵するほどの種類があるとも!女性らしさをアップさせるには、女性...

≫続きを読む


VIOの自己処理法

失敗しない!デリケートゾーンの自己処理方法

手足を処理するのと違って、VIOラインを自分で処理するとなると中々難しいですが、だからといって放っておくのも考えものです。なぜなら、アンダーヘアが手つかずの女性にはゲンナリするという男性も多いためです。また、スパや温泉に行くと、女性同士でもアンダーヘアは気になりませんか?毛が目立ちすぎている人には同...

≫続きを読む


毛包炎

足のムダ毛の自己処理で起きやすいトラブルとは?

「ムダ毛の自己処理を続けていたら足の毛穴が目立ってしまった。」そんなことはありませんか?毛穴が目立つだけならまだマシですが、悪化すると赤いブツブツになって、最終的には黒く色素沈着してしまうことに…。ツルツルで透明感あるキレイな足にしたいためにするムダ毛処理なのに、セルフで行った場合、理想とする足にな...

≫続きを読む


白髪は病気?

突然現れる陰毛の白髪が!!どう対処すればいいの?

ある日突然発見してしまう陰毛の白髪。頭髪の白髪以上に「老けた」とショックを受けてしまう人も少なくありません。外から見える部分ではないものの、あまりの衝撃と恥ずかしさに「今すぐ何とかしたい!」と思ってしまいますよね。でも、むやみやたらと自己流で処理をしてしまうのはNG。肌に大きなダメージを与えてしまい...

≫続きを読む


脇がぶつぶつ

気になる脇の黒ずみ。どうやったら解消できるの?

あなたの脇、黒くなっていませんか?脇が腕の色と明らかに違って黒ずんでいる場合は要注意。早めに対処しなければどんどん黒くなって取り返しがつかないことになります。ここでは、脇が黒ずんでしまう原因と、黒ずみを取る方法についてご紹介します。どうして脇が黒ずんでしまうの?その原因は?脇はもともと黒くありません...

≫続きを読む


 すそわきがの原因

すそわきがかも?セルフチェック方法とにおい対策について

お風呂に入るときやトイレに行ったあとなど、ふとしたときにデリケートゾーンのにおいが気になることはありませんか?実はそのにおい、「すそわきが」が原因かもしれません!すそわきがとは、わきがの一種で、デリケートゾーンからわきが臭のような独特なにおいを感じるのが特徴です。わきがと同様に、男性よりも女性に多い...

≫続きを読む


かゆみ

デリケートゾーンの悩み(かゆみ・におい・黒ずみ)を解決!

体のなかでも意外と悩みの多いデリケートゾーン。実は多くの女性が、デリケートゾーンに何かしらの悩みを抱えています。においやかゆみなどの悩みがあっても、恥ずかしくてなかなか相談できないという人も多いのではないでしょうか?また、婦人科系の病気を疑うような症状があっても、病院に行きにくいという人も多く、悩み...

≫続きを読む


ホルモンバランス

乳輪や乳首に毛が!バストのムダ毛の原因と正しい脱毛方法

女性だったら誰でも気になる、ムダ毛。まさかこんなところにも毛が!と、気がつかない間に乳首や乳輪の周りにまでムダ毛が生えていて驚いたことはありませんか?実は、バストに毛が生えることは珍しいことではありません。特に、乳輪やその周辺の毛に悩んでいる女性は意外と多いのです。皮膚の薄いバスト周辺のムダ毛処理を...

≫続きを読む


鼻毛処理は危険?

鼻毛を安易に脱毛するのは危険!?正しい処理方法とは

美人でオシャレ、それなのに鼻毛が出ていたら、一気に女子としてマイナスイメージがついてしまいます。それくらい、鼻毛の破壊力は強力です。顔の中心の鼻は目立ちやすいので、普段から正しいケアをして鼻毛がビヨ~ンとならないように気を付けたいですね。実は鼻毛も脱毛することが可能ですが、適当に行うと危険やリスクも...

≫続きを読む


口周りの青み

女性なのにひげ化!口周り青くなっていませんか?

毎日毎日剃ったり抜いたりしている口周りの毛、ふと気付いたら青くなっている!!と思ったことありませんか?口周りが青いって、なんだか中年男性みたいで嫌ですよね。でも、ファンデーションやコンシーラで青みが隠れるほどカバーするととても厚化粧に…。口周りの青みをなくすには、青みの原因を知り、正しい方法でケアす...

≫続きを読む


背中のムダ毛大丈夫?

背中のムダ毛、剃り残していませんか?

背中のムダ毛って範囲が広い上に、自分の目で確かめることが難しく、処理するのが大変ですよね。でも、これからは夏本番!背中の大きく開いたワンピースや、露出度の高い水着を着る機会も増える時期。せっかくオシャレをしても、背中にムダ毛が残っていては台無しです。思わぬところで幻滅されないためにも、背中のムダ毛ケ...

≫続きを読む